News & Blog

ホームニュース&ブログ芝が凸凹になり土が盛り上がっているけれど、これは何? 解決策は?

2022.04.04 園芸Q&A

芝が凸凹になり土が盛り上がっているけれど、これは何? 解決策は?

春の庭管理での困り事といえば、やはり病害虫です。
ところで、芝生があると、上の写真のように芝が凸凹になり土が盛り上がっているという光景を見たことがある方は多いのではないでしょうか?

そう。これはモグラの仕業です。都会にもいるんですね、モグラって。モグラの厄介なところは、モグラは鳥獣保護法に守られていて、野鳥と同様、許可がないと捕獲及び駆除ができません。

ここでモグラの興味深い生態について少しだけ説明します。
日本には10種類に満たないほどのモグラがいるそうです。そして、その大半の種類は絶滅危惧種です。もちろん庭に出るモグラは絶滅危惧種ではないようですが、万が一捕まえて殺してしまうとかなりまずいですね。
また、モグラは半日何も食べないと餓死するほど食欲旺盛な動物で、わなにかかると大半が死んでしまうそうです。なぜ芝生の下にいるかというと、芝生の下にいるミミズやコガネムシの幼虫がモグラのエサだからです。エサを取るためのトンネルを作るため、掘った土を芝生の上に吐き出すので、芝の上にいくつもモグラ塚ができるのです。
よく言われることですが、モグラは目がほとんど見えません。その代わり、嗅覚と聴覚が人の何十倍も良いそうです。また、単独行動の多いモグラの繁殖については、いまだに謎が多いそうです。

ではどのように対処すれば良いでしょうか。それは、撃退する。この1択です。ただし、撃退には2種類の方法があります。

1.嫌いな音で撃退

モグラの秀でた聴覚を狙って、モグラの苦手な音波を断続的に流す方法です。
下の写真の杭のような音波発生機をモグラの通り道に打ち込むと音波を嫌がり逃げていきます。芝生のモグラ塚とモグラ塚の間に芝生がふかふかになっているラインが確認できると思いますが、そこがモグラの通り道です。これは取り付けるのは簡単なのですが、モグラによっては慣れてしまうものもいるらしく、すごく効いたという人もいれば、しばらくしたら戻ってきてしまったという人もいます。

Amazon セフティー3 もぐら撃退器 電池式 音波 振動 STP-2

2.嫌いな臭いで撃退

やはりもぐらの秀でた嗅覚を狙って、モグラが嫌いな匂い物質をモグラの通り道に仕掛けるという方法です。
もぐらは焦げた匂いが嫌いと言われていて、一番身近な方法としてはホームセンターで売っている竹酢液あるいは木酢液を希釈してじょうろでモグラの通り道にまんべんなくかけます。

Amazon 国産 竹酢液 500ml 防長竹炭 (原液) 2本セット

コツとしてはどちらかでうまくいかなかった場合はもう一つの方法を試してみるというのが良いでしょう。両方を同時にやるのも効果的です。また竹酢液が駄目なようであれば木酢液を使ったりあるいは市販で売っている「モグレス」と言うナフタリンの匂いがする錠剤を使うのもいいと思います。

Amazon レインボー薬品 モグラ忌避剤 モグレスDX 200g×3

ここで絶対に間違えないようにしなくていけない事!それは、お庭の内側から外側にモグラが逃げることができるようにするということです。逆にならないようにどうぞ気をつけてください。
関心ある方は各画像下のリンクから必要な商品の購入を検討してみてください。
皆さんの芝庭が素敵なグリーンになりますように。

ご要望をお気軽にお知らせください

045-438-8017045-438-8017

受付 / 月~金曜日(※祝祭日を除く) 9:00 ~ 18:00

Works

当社の施工実績を随時更新しています。

News & Blog

造園のお役立ち情報や当社のニュースなどを随時更新しています。