News & Blog

ホームニュース&ブログ葉が黄色くなってしまった時の 7つの チェックポイントとは?

2022.07.25 園芸Q&A

葉が黄色くなってしまった時の 7つの チェックポイントとは?

葉の細胞を拡大すると葉緑体がたくさん

葉が黄色くなる理由

ふと見ると、植物の葉がずいぶん黄色くなっているのに気づいたことはありませんか。
葉が黄色くなるのは植物からの「助けて」のサインです。原因を見つけて助けてあげてください。
ところで、葉は何で黄色くなるのでしょう。そのメカニズムについて簡単にご説明しましょう。

上の写真は葉の細胞です。その中にある緑の粒が光合成を行う葉緑体です。
葉緑体を構成する緑色の葉緑素が減ると色が薄くなり、だんだんと黄色くなるのです。

では、あなたの植物が黄色くなってしまったのはなぜか、ぜひ原因究明をしてみてください。

症状と対処法 7つのチェックポイント

1.水をやりすぎている、または控えすぎていませんか?

①水切れ
上の葉から黄色くなることが多いようです。
特に植え付け後や、暑かったり雨が降らない期間が長かったりする場合は要注意です。
水切れを起こす前にたっぷりとあげてください。

②水のあげすぎ
下の葉から黄色くなることが多いようです。
根腐れしてしまっている可能性が高いです。ひとまずは水やりを制限して様子を見ましょう。

③蒸れ
枝が込みすぎて通気性が悪くなるケースです。
外側の葉は黄色くなりませんが、内部の葉だけが蒸れて黄色くなります。
この場合、中まで風通しを良くするため枝を抜いて透かしてあげてください。

2.病害虫がついていませんか?

①害虫
ハダニやグンバイムシなど葉の汁を吸う虫がついていると斑点状、かすり状に黄色くなります。
殺虫剤散布で対処しましょう。

ハダニが付くとかすり状に黄色くなります

②病気
黒星病などが付くと葉が部分的に黄色~黒くなります。
殺菌剤散布、または葉の切除で対処しましょう。

3.日当たりが悪い、または強すぎませんか?

①日照不足
日陰や室内にある場合、下葉から黄色くなります。
より日当たりの良い場所に移動しましょう。

②日照過多
6の環境変化でも取り上げますが、部屋に置いていたものを突然外に出したり、購入してきたものを日当たりの良いところに置いたり植えたりすると、上の葉から黄色くなります。
しばらく様子を見ていると葉が生え変わり環境に適応することもありますが、鉢物など移動が簡単なものであれば、もう少し日当たりのマイルドなところに移動しましょう。

4.肥料を全くあげていない、またはあげすぎていませんか?

①肥料不足
肥料不足で葉が黄色くなるケースは窒素とマグネシウム不足です。
葉緑素はマグネシウムでできており、不足すると下の写真のように葉脈以外が黄色くなります。
窒素不足では葉が全体的に薄緑になります。
肥料は、少しずつ様子を見ながらあげましょう。しっかりと土に混ぜ込んであげてください。

mg欠乏になると葉脈以外が黄色くなる

②肥料過多
肥料をたくさんあげているのに葉が黄色くなる場合は肥料過多が疑われるので、しばらく肥料を控えましょう。
特に、冬に肥料をやると肥料過多になります。冬の施肥は注意しましょう。

5.土壌酸度(ph)がアルカリ性になっていませんか?

植物の生育は弱酸性がベストと言われていますが、アルカリ性になると葉が黄色くなります。
特に石灰をたくさん使い、土壌が急にアルカリ性に傾くと葉の黄化が生じやすいです。
その場合は、散水を多めにしたり、堆肥をまぜこむことで土壌酸度を調整できます。

土壌酸度計が手に入るなら測ってみましょう

6.環境変化がありませんか?

特に下記理由で植物にストレスがかかり葉が黄色くなることがあります。
①購入直後②植替え直後③場所の移動④温度変化

外に出すなら、突然直射日光に当てるのでなく、少しずつ日に当てるようにしましょう

できるだけ環境は少しずつ変えていくようにしましょう。
植物を外に出す時も、いきなり直射日光に当てるのではなく、少しずつ日当たりの良いところに移動しましょう。外から中への移動も同様です。
また季節の変わり目、昼夜で寒暖差の激しい時期はなるべく強い寒さに当てない工夫をしましょう。屋外だけでなく、屋内の北側の窓際に置いてある植物も夜間は部屋の中側に置くなど工夫が必要です。
室内のエアコンの風も植物の大敵ですので、エアコンの風にあたる場所に植物を置かないようにしましょう。

エアコンの風が直接当たる場所には置かないようにしましょう

7.根詰まりしていませんか?

これは特に鉢物についてですが、鉢内の根が詰まってしまっていると、根が水分や養分を十分に吸収できず、葉が黄色くなってしまうことがあります。
根詰まりしていると、水をあげても土が浸透していかなかったり、鉢底からから根が出てきます。
上記症状が見られたり、2-3年植え替えていない場合は植え替えをしましょう。
できるだけ鉢をサイズアップすることをお勧めします。

予防に努めよう

いかがでしたか。
思い当たる症状があったでしょうか。
もし、今のところ葉が黄色くなっていなかったとしても、チェックポイントに引っかかることがあれば改善してあげてください。
葉が黄色くなることを予防し、元気に生育してくれることでしょう。

ご要望をお気軽にお知らせください

045-438-8017045-438-8017

受付 / 月~金曜日(※祝祭日を除く) 9:00 ~ 18:00

Works

当社の施工実績を随時更新しています。

News & Blog

造園のお役立ち情報や当社のニュースなどを随時更新しています。